本文へスキップ

イシス学院は、カバラー、タロット、アストロロジー、アロマテラピーという形で現代に伝わる古代密儀の伝統を学ぶ魂の学校です。

第344回 友人と続けてきたイベント企画、来年はどうすべきか。

Q Eさんは、これまで何年も、同じヒーリングを学んだ仲間とイベントを行ってきた。始めた当初は、Eさんが中心となって主催していたが、やがて、忙しくなるにつれて、友人や友人の知り合いが企画・進行の中心を担うようになった。Eさんは、イベント主催の重要メンバーとしてずっと関わってきたが、メンバー間の関係性がいつのまにか変化し、初期から一緒にやってきた友人ともかつてのような話し合いがなくなってしまった。このままでは、どんどんマンネリ化するか、当初めざした方向性と全く違ったものになってしまうことは目に見えている。来年も一緒にイベントをしようと誘われているが、Eさんはこのまま続けることに疑念を持ち始めている。そこで、自分の心を整理するために、タロットを展開することにした。

                                                                                                                                                                                                                        S・Eさん 50代 千葉

A

(1)現状
現状
①現状は「力」が逆向きである。Eさんは、口を開けて、牙を見せるライオンに注目した。主催に関わるメンバーが増え、にぎやかになったように見えるが、まとまりがなくなった今の状況がよくあらわれていると思った。それぞれが自分の考えを主張するも、メンバー間で十分な煮詰めをしないで開催してしまうので、本来の趣旨が共有できなくなってしまっている。以前の熱気を知っているEさんにとって、この現状は悲しいことであるし、カードの逆向きが示すように、やはりこのままではいけない。

(2)経緯
経緯 現状
②経緯は「月」R。カード全体を覆う暗さが印象に残った。Eさんは、一緒に見上げ、熱く語り合ったはずの夢が、いつのまにか見失われてしまったように感じた。目先の事務作業に追われているうちに、イベントの表面的な部分を整えることにばかり、気を向けるようになってしまったのかもしれない。これまでのことを思い起こしながら、Eさんは、カードの言わんとすることが、痛いほどよく伝わってきた。

(3)展望
経緯 現状 展望
③展望も「皇帝」が逆向きである。Eさんは、当然だと思った。開催の趣旨を誰よりも大切にしてきたので、方向性が定まらず、趣旨がぼやけたまま実行することを望まないのである。気持ちを押し殺してやっても、充実感も喜びもなく、そんな自分にきっと後悔すると思われた。

(4)
経緯 現状 展望
(4)
④「力」Rの対策カードは「星」が出た。Eさんは、天上に輝く星を見て、最初にめざしたものを、今、ここで取り戻すことが大切に思った。目先の形式的な成果を追うのではなく、皆が憧れを持って見上げる気高い理想、これをイベントの趣旨に掲げるべきなのだ。Eさんは、この点を主催メンバーに問いかけるのは、自分しかいないと確信した。

(5)
経緯 現状 展望
   
 (5)  (4)
⑤「星」の注目カード兼「月」Rの対策カードは「13」なので、これまでの開催のあり方は、抜本的に整理する必要があることがわかる。Eさんは、カードを見て、自分で反省する点もあった。はっきりさせたほうがいい場面でも、人と波風を立てたくないと思うあまり、やり過ごし、その結果、だんだん自分を苦しくしてしまう傾向があるのだ。この点も変えなければならない。

(6)
経緯 現状 展望  (6)
 (5)  (4)
⑥「皇帝」Rの注目カードは「運命の輪」で、輪は再び動き始めることが示されている。溜まっていた人間関係の淀みをきれいにすることで、関係者の心は1つになり、大きな輪を回していけそうだ。

(7)
経緯 現状 展望  (6)
 (5)  (4)  (7)
⑦「皇帝」Rの対策カード「神の家」からは、逆さになってそれぞれ別の方を向く2人の人物がとりわけ浮かび上がって見えた。Eさんは、イベント開催に対するメンバー1人1人の考え方をはっきりさせ、今後は、同じ方向性を共有する態勢を作っていくことが大切であると痛感した。今関わっているメンバー全員で共有できるかもしれないし、別の道を行くメンバーが出るかもしれないが、なれ合いではいけない。

アドバイスカードは「力」。最初に出たカードである。今、メンバーに必要なものは、バラバラの熱意ではなく、「熱意の結集」、「まとまりのある力」である。Eさんは、企画の話に乗る前に、一丸となるべくメンバーに働きかけてみようと、心が決まった。

前回のケーススタディ (第201回~最新号) (第82回~第200回)