本文へスキップ

イシス学院は、カバラー、タロット、アストロロジー、アロマテラピーという形で現代に伝わる古代密儀の伝統を学ぶ魂の学校です。

第343回 アルバイトで収入を補い、使命に打ち込みたいが・・・。

Q Sさんは、サロン業を始めて20年になる。サロンでは、アロマやオイルを使ったマッサージ、瞑想会や講習会などを行っており、Sさんには、このサロン業こそ自分の使命だとの確信がある。このことに疑念を持ったことはないが、経済的には余裕がなく、いつもギリギリでやりくりをしてきた。使命であれば、絶対に成功するはずという思い入れが強かったため、集客講座に行ったり、SNSの投稿を頑張ったりしたが、経済的な問題は解消されない。でも、Sさんの人生にとって、サロン業はかけがえのないもの。経済的にギリギリだからという理由で、辞めるつもりは全くない。こうした事情から、経済的不安は、10年続けているアルバイトを増やすことで解消し、自分の使命と両立させていくのがよいのではと思っている。タロットの助言はどうだろうか。

                                                                                                                                                                                                                        M・Sさん 40代 東京

A

(1)現状
現状
①現状は「審判」Rが出た。Sさんにとって、「使命」は人生の大きなテーマである。だから、自分が使命とすることを行っているかどうかには、いつも強い関心がある。「審判」Rのカードを見たSさんは、空色の人物が自分であると思った。自分が一番大切にしているのに、思い入れが強すぎるせいか、天の声をしっかり受け取れていない、だからきちんと果たせていないと痛感した。

(2)経緯
経緯 現状
②経緯は「月」Rで、Sさんはザリガニが気になって、目が離せなかった。水面に浮上してきたザリガニが、まるで、心の奥底にある思い(使命を果たせなかったらという恐怖や経済的な不安など)を浮き彫りにしたように思えたのである。普段は見ないようにしているが、いつの間にか心の深層部がこうした重苦しい思いに支配されていたことに気づいた。

(3)展望
経緯 現状 展望
③展望に出た「運命の輪」は正立である。Sさんはカードを開けた瞬間に、輪の上にいるスフィンクスに安定感を感じ、ほっとした。「あっ、大丈夫!」と思った。経済的不安はアルバイトを増やすことで解消し、サロン業と両方を回していけば、そのうちきっと時間が解決する。焦らなくてもいいのだ。

(4)
経緯 現状 展望
(4)
④「審判」Rの対策カードは「神の家」となった。レンガが1つ1つ積み上がっているのを見て、地道にサロン業とアルバイトを積み重ねていくことの大切さを思った。レンガの形が不揃いなのに、出来上がった家はとてもしっかりしていることも印象に残った。Sさんは、自分が使命と意気込んでいるサロン業だけでなく、どんなことでも誠実に取り組んでいくなら、やがては力強く美しい家が出来上がる。そこまで積み上げた時、自分に天から注がれるメッセージがあるに違いないと確信できた。

(5)
経緯 現状 展望
   
 (5)  (4)
⑤「月」Rの対策カードは「正義」である。Sさんは、天秤に注目した。まず心のバランスをとることが大切だ。確かに。心が不安定なままでは、使命を果たすことなんてできない。そのためにも、当面はアルバイトを増やし、サロン業との両立を図ればいいと吹っ切れた。

アドバイスカードは「皇帝」。現実感覚があり、地に足をつけて、じっくり確実に実行していく人物である。視線も見るべきところをしっかり見ている様子である。頼もしい姿を見たSさんは、大いに励まされた。「大丈夫、自分はやっていける!」と思えた。

前回のケーススタディ (第201回~最新号) (第82回~第200回)