本文へスキップ

イシス学院は、カバラー、タロット、アストロロジー、アロマテラピーという形で現代に伝わる古代密儀の伝統を学ぶ魂の学校です。

トップページ

魂の学校

イシス学院は、カバラー、タロット、アストロロジー、アロマテラピーという形で現代に伝わる古代密儀の伝統を学ぶ魂の学校です。

古代の伝統を伝える

学校というより私塾と言ったほうが適切かもしれません。知識や情報を伝えることより、師弟の人格的な交わりを通して共に学ぶことを目指しているからです。イシス学院で体験できることは古代密儀がめざしたもの、自己発見、自己認識、自己実現です。古来それを行う直観的な認識力は「内なる叡智」(ヌース、グノーシス、パンニャ、ブッディ)と呼ばれていました。言語活動によって得られる通常の知性的認識とは全く異なったものです。

古代の忘れ形見

イシス学院の創立者、大沼忠弘(哲学者)はギリシア哲学の起源がエジプト起源の古代密儀にあることをつきとめ、その伝統が現在まで、どのように繋がっているかを研究することをライフワークとしてきました。その結果、カバラー、タロット、アストロロジー、アロマテラピーは西洋中世における長い弾圧をかいくぐって生き延びた古代密儀の忘れ形見であるということが分かりました。

内なる叡智

カバラー、タロット、アストロロジー、アロマテラピーは、現代では全く異なった分野のように見えますが、四つとも古代の四大論に基づいています。イシス学院では古代の四大論を現代人が生きる指針となるような形に復元しました。そのワークショップは誰もが内なる叡智(グノーシス)に目覚め、その驚きと喜びを体験することを目指しています。自分の中に生まれ代わり、死に代わって貯えてきた叡智的直観が隠れていたという発見は、これまでの生き方を一変させ、思いもかけなかったような人生が開けて来るでしょう。

TOPICS

  • 第250回 友人からビジネスの誘いを受けた。どう臨むといいか。

    最新のケーススタディ 2016年1月10日号 掲載 Q. 昨年末、Sさんのところに、アメリカの古い友人(Mさん)から一通のメールが来た。メールの内容は、これから一緒に仕事をしようという誘いだった。SさんとMさんは、何かと […]

  • 10月のサバト

    10月のサバトは空海の『秘密曼荼羅十住心論』の「秘密荘厳住心第十」を取り上げます。 空海はここを仏教の最深かつ究極の境地としします。この住心はあらゆる言語的認識を 超絶しており、そこに到るには真言(マントラ)と曼荼羅以外 […]

  • 奈良の大仏

    9月のサバト

    9月のサバトは空海の『秘密曼荼羅十住心論』の「極無自性住心第九」を取り上げます。 前回の法華経に代わり、今回のテーマは華厳経です。空海はこれを顕教としては最高の 境地と讃えています。この中には唯識も中観も法華も、大乗仏教 […]

  • saichou

    8月のサバト

    8月のサバトは、7月に引く続き、空海著『秘密曼荼羅十住心論』の一道無為住心第八を扱います。これは大乗仏教の中でも、日本に最大の影響を与えた天台宗の立場をあらわします。その中心となっておるのは「妙法蓮華経」です。この経の神 […]

  • 奈良博1014_地蔵菩薩・竜樹菩薩坐像

    7月のサバト

    7月のサバトは、6月に引く続き、空海著『秘密曼荼羅十住心論』の覚心不生住心第七を扱います。この住心は龍樹(ナーガルジュナ)の『中論』に依拠する三論宗の立場を現わします。『中論』は「空」とはなにかを徹底的に追及した論理的分 […]